ありがとう♪
↑応援して下さる方は上のランキングバナーを1日1回クリックして下さい.
クリックして頂くことでランキングポイントが加算され,
このブログの順位が上がり,僕のやる気がアップします☆
(クリック後,新しいウィンドウが開きますので,お手間はとらせません)

2005年10月01日

「L-カルニチン」を摂取するタイミング

少し遅くなりましたが阪神ファンのみなさん,優勝おめでとうございます!
阪神ファンのみなさんからすれば,本拠地:甲子園で,
なおかつ「伝統の一戦」での優勝決定は格別なものがあると思います.
かく言う僕は名古屋生まれの巨人ファン・・・.(→自己紹介)
普通,巨人の目の前で他のチームが優勝すると悔しいものですが,
今年は巨人があまりにも弱いので,悔しいとすら思いませぬ.
だって,”優勝争い”どころか”ビリ争い”してるぐらいですから(^^;



じゃあ,本題にいきますね.
【サプリメントなんでも相談掲示板】にパコパコさんより,
L-カルニチンを摂取するタイミングについての質問がありました.



今やっている「運動なしで効くダイエットサプリ」シリーズでも
「L-カルニチン」を取り上げたので,
このご質問へのお答えを書きたいと思います.
参考:運動なしで効くダイエットサプリ - vol.2「L-カルニチン」



パコパコさんは,
・午前中に摂るのが効果的
・運動1時間前に飲む
・運動30分前に飲む
などのいくつかの情報に悩まされているとのことでした.



では,結論から先に言ってしまいますね.
「L-カルニチン」については摂取するタイミングを気にすることはありません.



その根拠を説明します.
「L-カルニチン」は細胞のミトコンドリア内で,
脂質をATPに変換する働きがあり,脂質の燃焼を促進します.

*用語解説 - ATP=Adenosine Tri-Phosphate(アデノシン三リン酸).
         細胞のエネルギー源.

そして細胞内の「L-カルニチン」は20代をピークに減少に転じます.
この減少分を補うために「L-カルニチン」を摂取し,
ミトコンドリア中の「L-カルニチン」を徐々に増加させます.
それにより脂質の燃焼が促進され,体脂肪の減少や,
持久的運動のパフォーマンス向上につながるわけです.



このように「L-カルニチン」の脂肪燃焼効果は一時的なものでなく
継続的なものであることを考えると,摂取するタイミングと
運動するタイミングについて,特に気にしなくて良いです.
ちなみに僕は1日1000mgを朝食後と夕食後の2回に分けて飲んでいます.


パコパコさん,これでお答えになりましたでしょうか?



「運動なしで効くダイエットサプリ」シリーズは,まだまだ続きます.
が,もしかして明日は話が他にそれるかも・・・.まだ考え中です!
来てからのお楽しみということで☆



↓サプリンのモチベーションはみなさんのクリックでUPします
↓「明日も記事が読みたい!」と思った方は応援クリックをお願いします↓

人気blogランキング
[サプリメントカテゴリ]に参加中!


posted by サプリン at 13:10| Comment(12) | TrackBack(2) | L-カルニチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月31日

『L-カルニチンの「L」のお話(その3)

『L-カルニチン』の「L」のお話の続きです.

前回,
・人工的に有機化合物を合成すると「左手型」と「右手型」が混ざったものが
 できてしまい,実用化できず科学者を悩ませていた.
というお話をしました.

この「左手型」と「右手型」が混ざった状態になってしまうことを
『不斉合成』と呼びます.

これを解決する方法を発見したのが,ノーベル化学賞を受賞した
野依さんです.受賞理由はまさに「不斉合成の解消」です.
この技術によって多くの化学物質の実用化が可能になりました.
まさに”ノーベル賞級の発見”だったといえるでしょう.

『L-カルニチン』の「L」と野依さんのノーベル賞は
こうしてつながっているわけです.

カルニチン以外のサプリメントでも頭に「L」が
ついているものがあります.
それは”Levorotatory(左手型)”の「L」です.

長々と”『L-カルニチン』の「L」”のお話をしてきましたが,
ひとまずこれでおしまいです.読んで下さってありがとうございました.



人気blogランキングに参加中!
応援クリックをお願いします.

↑↑1クリックのお手間をとらせた分,良い記事を書くという形で
↑みなさまにお返しをしていきたいと思っています.


posted by サプリン at 16:52| Comment(1) | TrackBack(1) | L-カルニチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月29日

『L-カルニチンの「L」のお話(その2)

先日からこのページでお話している,
『L-カルニチン』の「L」のお話.

カルニチンに異性体があり,それぞれを『対掌体』と
呼ぶことを昨日お話しました.

カルニチンの異性体,すなわち『対掌体』は2種類あり,
左手型と右手型があります.生物が利用している有機物は
なぜか左手型ばかりで右手型は生物の体内では用をなしません.
その事実は分かっているのですが,それが何故かは
実はまだ分かっていません.

しかし人工的にカルニチン等の有機物を合成すると
左手型と右手型が半分ずつできてしまいます.
右手型が混ざってしまうと体の中で用をなさないため,
多くの合成された物質が実用化できずに
学者達は頭を悩ませていました.

今回はここまでです.

今日はこれから僕の体脂肪を燃やしにバスケに行ってきます!


人気blogランキングに参加中!
応援クリックをお願いします.

↑↑1クリックのお手間をとらせた分,良い記事を書くという形で
↑みなさまにお返しをしていきたいと思っています.


posted by サプリン at 11:36| Comment(3) | TrackBack(1) | L-カルニチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月28日

『L-カルニチンの「L」のお話

先日からこのページでお話している,
『L-カルニチン』の「L」のお話.



化学の話になりますが,
「分子式は同じだが、異なる化合物どうし」を互いに『異性体』と呼びます.
この中でさらに「分子式が同じで,かつ構造式も同じものどうし」を
『鏡像異性体』と呼びます.その名の通り,鏡に写ったものと
写されたものの関係です.ちょうど,左右の手のひらのような関係なので,
『対掌体』とも呼びます.

わかり易いので今後はこの『対掌体』という言葉を使っていきます.

では今回はここまでです.


人気blogランキングに参加中!
応援クリックをお願いします.

↑↑1クリックのお手間をとらせた分,良い記事を書くという形で
↑みなさまにお返しをしていきたいと思っています.


posted by サプリン at 18:33| Comment(2) | TrackBack(2) | L-カルニチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『L-カルニチンの「L」に関係するノーベル賞は?』の答えです

答えは2.2001年化学賞受賞の野依さんの研究,
「有機化合物の不斉合成の解消」です.


昨日の日記で書いた通り,化学的には
体内で用をなさない”Lでない”カルニチンも存在します.

人工的にカルニチンを合成すると,
『L-カルニチン』とそうでないカルニチンの両方ができてしまいます.
これを「不斉合成」といいます.

その混ざった状態から『L-カルニチン』だけを取り出すのが
「不斉合成の解消」.すなわち野依さんの研究です.

「『L-カルニチン』とそうでないカルニチンの違いは何?」というお話は
少し長くなりますので,追々アップします.

ですから,続きが読みたい方はぜひ僕のサイトに
来て下さいね!


人気blogランキングに参加中!
応援クリックをお願いします.

↑↑1クリックのお手間をとらせた分,良い記事を書くという形で
↑みなさまにお返しをしていきたいと思っています.


posted by サプリン at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | L-カルニチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月27日

クイズです.『L-カルニチン』の「L」に関係するノーベル賞は?

昨日は『L-カルニチン』の頭についてる「L」について
お話しました.

答えは"levorotatory(左旋回)"の「L」でしたね.

何が"levorotatory(左旋回)"なのかをご説明する前にもう1つ次のクイズです.
この"levorotatory(左旋回)"に関係するノーベル賞はどれでしょう?

選択肢
1.2000年化学賞受賞の白川さんの研究
  「導電性高分子の発見と開発」
  ・・・カルニチンは電気を通す?

2.2001年化学賞受賞の野依さんの研究
  「有機化合物の不斉合成の解消」
  ・・・野依さんがカルニチンを合成した?

3.2002年化学賞受賞"超癒し系サラリーマン"田中さんの研究
  「生体高分子の同定および構造解析のための手法の開発」
  ・・・田中さんがカルニチンの測定をした?

4.2002年物理学賞受賞の小柴さんの研究
  「ニュートリノの観測」
  ・・・カルニチンは宇宙から飛んでくる?

さて,どれでしょう?
「・・・」の後のコメントはあまり気にしないで下さい.
ジョークですから.

それぞれの受賞理由は本当です.

答えはコメントにカキコして下さい!



人気ブログランキングに参加中!

posted by サプリン at 14:35| Comment(6) | TrackBack(2) | L-カルニチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『L-カルニチンのLって?』の答えです

昨日の僕の日記,

「クイズです.『L-カルニチン』の「L」って何でしょう?」

の回答です.答えは3番の"Levorotatory"の「L」です!

つまり『Lじゃないカルニチン』もあるということです.
しかし『Lじゃないカルニチン』は体の中で全く用をなさないため,
化学的には存在しますが,市販されている
全てのカルニチンは『L-カルニチン』(のはず)です.

どう"Levorotatory(左旋回)"なのかの説明はちょっと長くなりますので,
今後アップしますね.


人気ブログランキングに参加中!

posted by サプリン at 08:52| Comment(0) | TrackBack(2) | L-カルニチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月26日

クイズです.『L-カルニチン』の「L」って何でしょう?

ダイエットサプリメントとして注目されている『L-カルニチン』.
頭についてる「L」は何の略でしょう?

選択肢
1.lily(ユリ)の「L」・・・カルニチンはユリから抽出している?
2.longの「L」・・・長いカルニチンと短いカルニチンがあるの?
3.levorotatory(左旋回)の「L」・・・カルニチンは左にねじれている?
4.lifeの「L」・・・カルニチンを摂ると寿命が延びるから?

さて,どれでしょう?
「・・・」の後のコメントはあまり気にしないで下さい.
ジョークですから.

答えはコメントにカキコして下さい!

ブログランキングをチェック!
posted by サプリン at 02:23| Comment(6) | TrackBack(1) | L-カルニチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月20日

L-カルニチンでダイエット!

L-カルニチンでのダイエットの仕組みについて書かせて頂きます.

・摂取した脂肪は中性脂肪となって血中に入ります.
→エネルギーとして消費されない中性脂肪は脂肪となってしまいます.
→L-カルニチンは血中の中性脂肪を細胞内で燃焼させる働きがあります.
→しかし体内のL-カルニチンは20歳頃をピークに加齢とともに減少してしまいます.
→これが「中年太り」の一因と言われています.
→L-カルニチンを補給することで"中性脂肪の余り"を減らせるので,
 脂肪の増加を防ぐことができます.

・上記のようなメカニズムでL-カルニチンは体の基礎代謝を上げます.
 (基礎代謝とは何もしていない時の熱量が消費される働きのことです)
・つまりL-カルニチンは飲むだけでもある程度ダイエットできます.

・ただ摂取したL-カルニチンを有効活用するためには運動や規則正しい食事が必要です.
・L-カルニチンが燃やしてくれる以上の脂肪を摂取してしまっては
 意味がないので,脂肪の摂取を控えましょう.
・脂肪を燃焼には長時間の強度の低い運動が必要です.
 いわゆる有酸素運動です.
・最低でも20分,できれば1時間ぐらいの運動をしましょう.



↓サプリンのモチベーションはみなさんのポチでUPします↓
↓↓「明日も記事が読みたい!」と思った方は応援ポチをお願いします↓↓

人気blogランキング
[サプリメントカテゴリ]に参加中!


posted by サプリン at 18:37| Comment(1) | TrackBack(5) | L-カルニチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月19日

話題沸騰のL-カルニチン!

フジテレビの「○る○るU」で紹介されてから一躍脚光を浴びた,
話題のサプリメント『L-カルニチン』.

僕は「○る○るU」で紹介される前から使用していました.
もともとはスポーツ選手が減量や持久力アップに使用しているということが,
この『L-カルニチン』を使用するようになったきっかけです.

減量や持久力アップの効果があるという事は当然脂肪が燃えるわけで,
「○る○るU」ではダイエットのためのサプリメントという形で紹介されていましたね.

【『L-カルニチン』について】
・アミノ酸の一種です.
・体内のすべての細胞内に存在します.
・細胞内で脂肪を燃焼させる働きを持っています.
・加齢とともに減少しその事が中年太りの一因とされています.
・1日の適正所要量は300mg〜500mgと言われています.
・適正所要量を食品から摂取は不可能です.
・ダイエット,健康増進,スポーツでのパフォーマンス向上の
 全てに有効なサプリメントです.
・次のような方々にオススメです.
 −ダイエットしたい方.
 −血中の中性脂肪の値を減らしたい方.
 −スポーツで持久力をアップさせたい方.
 −体調を崩しやすい方.
 −疲れやすい方.



↓サプリンのモチベーションはみなさんのポチでUPします↓
↓↓「明日も記事が読みたい!」と思った方は応援ポチをお願いします↓↓

人気blogランキング
[サプリメントカテゴリ]に参加中!


posted by サプリン at 16:57| Comment(0) | TrackBack(7) | L-カルニチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。