ありがとう♪
↑応援して下さる方は上のランキングバナーを1日1回クリックして下さい.
クリックして頂くことでランキングポイントが加算され,
このブログの順位が上がり,僕のやる気がアップします☆
(クリック後,新しいウィンドウが開きますので,お手間はとらせません)

2006年06月25日

コエンザイムQ10の摂取量上限を決められず - 食品安全委員会


今日も1位を守れるか!?確認してみて下さい → 人気blogランキング


コエンザイムQ10」の摂取量上限について検討していた食品安全委員会は,
『データ不足のため,上限値設定は困難』との評価案を発表しました.

続きを読む
posted by サプリン at 02:52| Comment(7) | TrackBack(1) | コエンザイムQ10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月12日

DHCが「コエンザイムQ10」の販売を再開!

今日,帝王切開に備えて入院中の嫁さんに面会に行ったら,
今までいたベッドが空になっていたのでビックリ!
ナースステーションで聞くと,「えっと,個室に移られましたので」とのこと.
へ?個室??なんで???
で,案内されて個室に行きました.そしてサプリン妻と面会.
サプリン妻によると,
・今まで入っていたMF-ICU(妊婦さん用ICU)を出てもいいぐらいに状態が回復した.
・大部屋が次の日にならないと空かないので,1日だけ個室.
・次の日(つまり今日)は,大部屋に移動.
・病院の都合で個室になったので,大部屋と同じ料金で個室を使わせてもらえる.
とのことでした.
病院の個室,初めて入りました.やっぱり豪華!
専用のトイレまでついています☆
テレビもブラウン管じゃなくて薄型液晶だし.
でもなんか無駄に広いんですよね.
サプリン妻曰く,「広すぎて,冷蔵庫とか戸棚とかが遠くなっちゃって,
逆に使いにくいんだよね.」とのこと.
でもなかなか体験できない”個室”を体験できたので,
ラッキーと思っておくことにしました.
あ,っていうより妻の状態が良くなったことの方が大事なんですよね(^^;
個室のインパクトが強くって,つい舞い上がっちゃいました(^^ゞ



さて,原材料不足で販売を中止していたDHCの「コエンザイムQ10」.
念願の販売再開です☆

続きを読む
posted by サプリン at 20:09| Comment(3) | TrackBack(2) | コエンザイムQ10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月08日

厚生労働省が「コエンザイムQ10」の摂取上限値を設定

今日はちょっとお堅い話になってしまいますが,タイトルの通り,
厚生労働省「コエンザイムQ10」の摂取上限値を設定しました.
その上限値とは「1日300mg」です.



この「1日300mg」という値は厚生労働省から依頼をうけた
(財)日本健康・栄養食品協会が、データを収集をして
1日300mgまでなら安全であるとの結果を得たことによります.



ただ厚生労働省によると今のところ
「コエンザイムQ10によることが明らかな健康被害は確認されていない」
とのことなので,300mg以上摂取したからといって,
すぐに副作用が出るということはないと思います.



しかしやはり過剰な摂取は控えた方が良いと思います.
簡単に言えば脂溶性ビタミン(ビタミンA,ビタミンDなど)と
同じような考え方でいいと思います.
脂溶性のものは過剰に摂取した場合,余った分が体外に排出されません.
水溶性ビタミン(ビタミンB群,ビタミンCなど)や
水溶性サプリメント(αリポ酸,L-カルニチンなど)は
余った分が体外に排出されるのに対して,
コエンザイムQ10は脂溶性で水には溶けないため,
余った分が体外に排出されないので
健康に支障をきたす可能性がある,ということです.



厚生労働省のプレスリリース全文を読みたい方は,以下のリンクからどうぞ.
コエンザイムQ10の安全性に関する食品安全委員会への
食品健康影響評価の依頼について




他のコエンザイムQ10についてのお話はこちらからご覧下さい.



明日も「運動なしで効くダイエットサプリ」シリーズをお休みして,
コエンザイムQ10のお話です.



【PS】
最近,記事の中でいろいろ雑談を書いていましたが,
今日は内容が内容なので,雑談は控えました.



↓サプリンのモチベーションはみなさんのポチ数に比例します↓
↓↓「明日も記事が読みたい!」と思った方は応援ポチをお願いします↓↓

人気ブログランキング
(サプリメントカテゴリ)に参加中!


posted by サプリン at 00:14| Comment(8) | TrackBack(5) | コエンザイムQ10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月09日

コエンザイムQ10のダイエット効果

フジテレビの情報番組「あるある」で紹介されて以来,
売り切れ続出となっている「コエンザイムQ10(以下,CoQ10)」.
今日はCoQ10のダイエット効果についてお話したいと思います.

CoQ10は人間の約60兆個の細胞すべての中に存在し,
細胞のミトコンドリアの中で,細胞の唯一のエネルギー源である
ATP(Adenosine Tri-Phosphate:アデノシン三リン酸)を
燃焼させる働きを持っています.

体内のCoQ10は20歳頃をピークに減少に転じてしまいます.
この減少分を摂取することにより様々な効果があります.

CoQ10は以前,心臓病の治療薬として使用され,
厚生労働省(旧厚生省)でも"薬品"に区分されていました.

しかし2001年,摂取による危険性はほとんどないという判断で,
厚生労働省がCoQ10の区分を"食品"に変更しました.
これにより私たちが医師の処方箋なしでCoQ10の
サプリメントを購入できるようになりました.

前述したようにATPは細胞の唯一のエネルギー源です.
糖も脂肪もATPに変換されてから細胞内で燃焼されます.
そのATPを燃焼させるCoQ10の体内量を増やすことにより
基礎代謝(何もしていない時に消費されるカロリー)を
上げることができるため,飲むだけである程度の
ダイエット効果があります.

また運動時のエネルギー燃焼効率も上がるため,
運動によるダイエット効果を高めることができます.

そんなCoQ10が減少することが中年太りの
一因であることをテレビで紹介されてから
現在の”コエンザイムQ10”ブームが始まり,
品薄状態が続いているわけです.

なお,ダイエット効果以外にも,
・高血圧症を治療する効果
・認知症を改善する効果
・美肌効果
などがあります.


コエンザイムQ10のお勧め商品情報はこちらをご覧下さい.


PS)
ゆうべ酒を飲んでしまいました(><)
今夜の体重測定が心配です・・・.



↓サプリンのモチベーションはみなさんのポチでUPします
↓↓「明日も記事が読みたい!」と思った方は応援ポチをお願いします↓↓

人気blogランキング
[サプリメントカテゴリ]に参加中!


posted by サプリン at 00:05| Comment(3) | TrackBack(5) | コエンザイムQ10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月08日

コエンザイムQ10の副作用について調べました

【祝】初の1日500hit超え♪
しかし今日の日記は少しカタいネタになってしまいました・・・.


コエンザイムQ10(以下CoQ10)副作用についてのニュースを
見つけたので,このブログでCoQ10をお勧めしている手前,
CoQ10の副作用について調べてみました.

"CoQ10のとりすぎに注意"というニュースがありました.
このニュースは久留米大医学部の松岡秀洋助教授の
研究結果を元に書かれています.

これによると「114人の人を対象に調査したところ,
動脈硬化が進んでいる人ほど血液中のCoQ10濃度が高い」
とのことでした.
しかしこの研究・調査結果にいくつかの疑問が残ります.
●114人という調査対象人数はとても少なく感じます.
 調査結果は測定誤差の範囲内なのでは?
●"動脈硬化"の進み具合と"血液中のCoQ10濃度が高さ"について,
 定量的な値が示されていません.もしかしたら「ほんの少し」
 CoQ10濃度が高いだけなのでは,と疑ってしまいます.
●CoQ10が動脈硬化引き起こすメカニズムについて
 何の説明もありません.

この研究結果を意味がないものとは考えていません.
でもこれを元に「CoQ10の過剰摂取 = 動脈硬化」と
結論づけるのは早計だとも思いました.


松岡秀洋助教授の研究結果に対して
日本コエンザイムQ10協会理事長の
東京工科大・山本教授が反論しています.

この中の,
「動脈硬化の危険因子として高脂血症が挙げられている.
 CoQ10は脂溶性物質であるために,高脂血症となるほど
 CoQ10レベルが高くなることは当然である」
というコメントは説得力があります.
ただ日本コエンザイムQ10協会は
"CoQ10を売りたい人の集まり"ですから,
どうしても"CoQ10びいき"なコメントしか出てこない,
というところはあると思います.


他のサイトもいろいろ調べてみましたが,
今のところCoQ10による重篤な副作用の報告は
見当たりませんでした.


いろいろ調べた結果の僕の結論は,以下の通りです.
●CoQ10は一般的に言われている所要量である
 1日あたり60〜200mgを守っていれば問題ないと思います.
●CoQ10の,細胞内で細胞の唯一のエネルギー源であるATPを
 燃焼させる,という役割を考えれば,ダイエット,美容,健康に
 効果があることは間違いないと思います.
●CoQ10についての研究結果は今後いろいろ出てくると思いますので,
 それらについてはきちんとチェックしなければいけないでしょう.


【関連記事】
厚生労働省が「コエンザイムQ10」の摂取上限値を設定


CoQ10の副作用についての情報をお持ちの方は,
お知らせ頂けると嬉しいです.



↓サプリンのモチベーションはみなさんのポチ数でUPします.
↓↓「明日も記事が読みたい!」と思った方は応援ポチをお願いします↓↓

人気ブログランキング
(サプリメントカテゴリ)に参加中!


posted by サプリン at 12:09| Comment(6) | TrackBack(6) | コエンザイムQ10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月28日

DHCの「コエンザイムCOQ10」 - 本当はお勧めしたいのですがただいま品切中

ダイエットサプリメントとして今をときめく「コエンザイムQ10」.
昨日コエンザイムQ10の最安商品をご紹介しました.

でも昨日紹介した商品よりももっと割安なのが
DHCの「コエンザイムCOQ10」です.
では,なぜ昨日ご紹介しなかったかというと,
ただいま品切中だからです.
DHCによると12月頃販売を再開する予定だそうですが・・・.
まだ正式な発表はありません.

#余談ですが,「コエンザイムCOQ10」っていう名前,
#どうなんでしょう?”コエンザイムQ10”か
#”CoQ10”ですよね,やっぱり.

【商品概要】
・1粒に45mgのコエンザイムQ10含有
・1パックに60粒入り
・1パックで¥1,575(税込)

【コストパフォーマンス分析】
(1粒で45mg)×(1ボトルに60粒)=(1ボトルに2,700mg)
(2,700mg)÷(¥1,575)=「1円あたり1.71mg」
*【コストパフォーマンス分析】についてはこちらを見て下さい.

昨日ご紹介した「Nature Made CoQ10」が「1円あたり1.2mg」でしたので,
DHCのものの方がかなり割安ですね.

販売再開の情報が入ったらこのブログでご紹介しますね.


コエンザイムQ10のお勧め商品情報はこちらをご覧下さい.



↓サプリンのモチベーションはみなさんのポチでUPします↓
↓↓「明日も記事が読みたい!」と思った方は応援ポチをお願いします↓↓

人気blogランキング
[サプリメントカテゴリ]に参加中!


posted by サプリン at 10:31| Comment(8) | TrackBack(1) | コエンザイムQ10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月10日

アルファリポ酸とコエンザイムQ10の強力タッグでダイエット!

αリポ酸コエンザイムQ10はともにダイエット効果があります.

αリポ酸は,血中の糖分を細胞内で
ATP(Adenosine Tri-Phosphate:アデノシン三リン酸)に変換します.
ATPとは細胞のエネルギー源です.

でもそのATPを燃焼させるのはコエンザイムQ10の役目です.

αリポ酸を単体で摂取してもある程度のダイエット効果が
期待できますが,ATPを燃焼させてくれるコエンザイムQ10が
不足していてはαリポ酸のダイエット効果を活用しきれません.

糖分をATPに変換するαリポ酸と
ATPを燃焼させるコエンザイムQ10の両方を摂取することで,
相乗的なダイエット効果を得られます.

ですから,ダイエットを目指す方には,αリポ酸とコエンザイムQ10の
両方の摂取をオススメします!



コエンザイムQ10のお勧め商品情報はこちらをご覧下さい.

αリポ酸のお勧め商品情報はこちらをご覧下さい.



↓サプリンのモチベーションはみなさんのポチでUPします↓
↓↓「明日も記事が読みたい!」と思った方は応援ポチをお願いします↓↓

人気blogランキング
[サプリメントカテゴリ]に参加中!


posted by サプリン at 16:37| Comment(8) | TrackBack(1) | コエンザイムQ10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月09日

コエンザイムQ10のダイエット効果

先日の日記で,現在大ブームとなっている
「コエンザイムQ10(以下CoQ10)」についてお話しました.
その中で僕がブームになる前からCoQ10の存在を知っていて,
サプリメントとして服用していることもお話しました.

CoQ10の服用を始めた時,いきなり体脂肪率が下がるということは
ありませんでした.僕がCoQ10の効果を実感したのは
趣味のバスケをしている時に持久力が上がった時です.
『あれ?なんか前より疲れにくくなってる・・・.』と感じました.
・持久力が増す
→長時間運動ができる
→体脂肪が燃える
という図式で体脂肪率が下がり始めました.

体脂肪率への即効性という意味では,
L-カルニチン
αリポ酸
フォースリーン
等の方が上だと言えるでしょう.

CoQ10はダイエット効果においての即効性がないため,
効果が出る前に服用をやめてしまう方もいるようですが,
CoQ10の体内での役割から考えてとても大きなダイエット効果が
あるのは間違ありませんので,体脂肪減を目指す方は
ぜひCoQ10を服用することをオススメします.



コエンザイムQ10のお勧め商品情報はこちらをご覧下さい.





↓サプリンのモチベーションはみなさんのポチでUPします↓
↓↓「明日も記事が読みたい!」と思った方は応援ポチをお願いします↓↓

人気blogランキング
[サプリメントカテゴリ]に参加中!


posted by サプリン at 11:30| Comment(6) | TrackBack(2) | コエンザイムQ10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月08日

ダイエットサプリの本命「コエンザイムQ10」

フジテレビの情報番組「あ○あ○U」で紹介されて以来ブームとなり,
売り切れ続出の話題のダイエットサプリ「コエンザイムQ10(以下,CoQ10)」.
僕はブームになる前から飲んでいました.
目的はスポーツ中の持久力アップでした.
その後いろいろ調べるうちに,CoQ10がダイエット効果や
健康を増進する効果を持つことを知り,CoQ10の愛好者となりました.

オススメ商品を紹介する前にCoQ10についてお話したいと思います.

CoQ10は人間の全ての細胞内に存在し,細胞のエネルギー源である
ATP(Adenosine Tri-Phosphate:アデノシン三リン酸)を
燃焼させる働きを持っています.CoQ10が体内にたくさんあることで
基礎代謝がアップするためダイエット効果があり,
またスポーツ中の持久力もアップします.

しかしCoQ10は加齢とともに減少し,そのことが加齢に伴う,
・中年太り
・持久力の低下
・免疫力の低下
・肌の張りの低下
の一因とされています.

以上のような理由でCoQ10は,
・ダイエット
・スポーツでのパフォーマンス向上
・健康の増進
・美容
等のさまざまな効果があります.



コエンザイムQ10のお勧め商品情報はこちらをご覧下さい.



#それにしても「あ○あ○」の影響って大きいですね.



↓サプリンのモチベーションはみなさんのポチでUPします↓
↓↓「明日も記事が読みたい!」と思った方は応援ポチをお願いします↓↓

人気blogランキング
[サプリメントカテゴリ]に参加中!


posted by サプリン at 18:40| Comment(1) | TrackBack(3) | コエンザイムQ10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。